家事分担はどうする!?

 

夫婦の家事分担について

夫婦の家事分担決めるの大変ですね。「共働きであれば家事も半分ずつにした方がいい」と分かりやすいですが、妻は専業主婦で夫が働きに行ってる場合は家事分担が難しいですよね。

 

からしてみれば、「オレは外で仕事しているんだし、オマエはずっと家にいるんだから家のことぐらいはしろよな。」と思ってしまいますし、妻からしてみれば「家事をしていても誰も評価してくれない。少しはアナタも手伝って。いつも横になってばかり。」

 

家事分担に正解はありませんし、それぞれの家庭で違った答えが出てくるはずですが、私なりの意見を書きたいと思います。

 

妻は本当に手伝って欲しい訳ではないかもしれない

男友達と話をしていると「家事手伝え!って言われたから実際に手伝ったら逆に怒られたよ。」「勝手なことしないで!!だって。」

 

妻が「家事を少しは手伝って」と言っていても、文字通り家事を手伝うと怒られるってなんかおかしいですよね。

 

よくよく話を聞いてみると皿洗いのときに、油物をのせた皿ではないので水洗いだけで済ませたそう。妻は全部洗剤を使って洗わないと気に食わないらしく、水洗いに対して怒られたそうです。

 

せっかく「久しぶりに手伝おうか!」と思って手伝っても怒られては手伝った意味がないですよね。

 

その男友達が出した結論は、妻が望んでいるのは「実際に手伝う」という行為ではなく、「いつも家事をやってくれてありがとう」という感謝の言葉だろう、ということでした。

 

よくよく私自身のことを考えてみると、たしかに実際に手伝うと怒られることが多いので、「感謝の言葉」を言うことが大事なのかもしれません。

 

 

顔色を見ながら少しずつ家事を始めてみる

夫婦で一緒に暮らすようになって、それまで全く家事をしていなかった私もほんの少しですが家事をするようになりました。今まで他人だった人と一緒に過ごすと文化の違いを痛感します。

 

一人暮らしのときは惣菜が入っていたプラスチックは食べた後は普通に、そのままゴミ袋に捨てていました。どうやら妻はそれが気に食わないらしく、妻の文化だとプラスチックはきれいに洗って捨てないと気が済まないそうです。理由はプラスチックに付いた生物でダニがわくからだそう。

 

プラスチックどうせ捨てるんだから別にいいじゃん!と思ってしまうのですが・・・。私は間違ってるんでしょうか。

 

キッチンまわりはこだわりが強いので、洗濯機をまわしたり、風呂の排水溝にこびりついた髪の毛をとる、など細々した家事を少しずつしていくことにしました。もちろん妻の顔色を伺いながら・・・。

 

それで妻のこだわりがあまりなくて、夫の私でもしても怒らない家事を見つけていって、家事をするようにしていきました。いや~カカア天下です。

 

機嫌に左右される 

普段は怒られないような家事でも、妻の機嫌が悪いと急に怒り出すことがあります。人間といえども生き物ですから、機嫌に左右されるのは仕方ないかもしれませんが。

 

仕事で嫌なことがあったりストレスがたまっていたりすると、だいたい喧嘩になってしまいます。本当に嫌ですね。

 

怒られても「今日はたまたま機嫌が悪かったなんだなあ」と思って気にしない心構えが大事なのかもしれません。

 

開き直って何もやらない

妻が機嫌が悪くなって怒られるくらいなら、「もうオレは何もやらない!!」と開きなおって言い切るのもいいかもしれません。

 

私も仕事でストレスがたまると「もう今日は家事を何もやらん!」と言い放つことがあります。結構な剣幕で言えば妻も黙ることが多いです。少し強めに言うことがポイントです。副作用は、妻が反撃してきて大喧嘩になることです。要注意です。

 

妻の親はどうしてたか聞いてみる

妻は「うちの父親は手があいている時によく家事手伝ってよ」「風呂掃除するし」「洗濯物干しするし」「掃除機かけるし」妻の家庭の様子を聞いて、夫である自分自身の家事手伝いの種類を決めるのも役にたつかもしれません。

 

妻の親や家庭の様子を聞きましょう。そして家事手伝いに前向きに取り組みましょう。全ては家庭の安全のためです。 

 

結局は大喧嘩になる

これまで色々言いましたが、結局大喧嘩になることが多いです。大喧嘩して、その場その場で家事分担を決めることが大事かもしれません。

 

喧嘩を避けて過程安全を望む夫には申し訳ありません。体当たりで妻を受け止めてあげましょう。大喧嘩して口論して家事分担を決めましょう。

 

仕方ありません。 あなたが選んだ妻ですから!!