ブログは1記事15分で書く

 

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

 

 ブロガーとして少し有名なイケダハヤト氏の本を読んでブログ1記事15分で書くことにしています。イケダハヤト氏は1日10記事以上アップするぐらい記事更新に命をかけているようですが、1記事15分くらいで書き上げることがほとんどのようです。

 

確かに今まで私も1記事書くのにアクセク書いて数日かけていましたが、会社員として働く合間に書く暇がなくて、なかなか記事を更新することができていませんでした。

 

今も朝出勤前の30分くらい空いた時間で書いています。1記事15分程度で書けなければ確かに空白時間を利用してアップするのは難しい。記事の体裁は汚いかもしれませんが、とにかく書いて書いて書きまくる・・・。体裁を整えたり、文章が間違ってるところを直すのは後でいいかな、と思ってきました。

 

そんなに書いていて書く内容がなくならないか?と思ってしまいますが、意外と次から次へと書きたくなるテーマが頭に浮かんでくるものです。ニュースを見ていても「これブログに書けるかも」と思いながら見ているとネタはつきません。

 

昨日1日だけでも気になるニュースだけでも「90歳で自動車運転して何人もひいてしまった」「障害基礎年金の許可の仕組みが変更され認定が厳しくなった」「強迫性障害の体験談」「働き方改革の決議を遅らせた」「高年収サラリーマンの税金があがった」など書くネタはたくさんあります。

 

図書館で本をたくさん借りて読んでいますが、斜め読みでおおまかな内容をつかむのであれば数時間~半日くらいで読みきれるので、本をネタにした記事も書こうと思えば1日で書けます。

 

私自身はブログからの報酬としてアフィリエイトでは月1万円~数万円の収益がありますし、ブログからセミナー・講演・コンサル依頼がチョコチョコくるので+αの収益もあります。

 

2017年は「仮想通貨フィーバー」もあり、アフィリエイト・セミナー・講演・コンサル収益だけで年間100万円~150万円程度の収益はあったかなと思います。細かく計算はしていませんが・・・。

 

2018年は「仮想通貨フィーバー」も一段落しセミナー・講演・コンサル依頼は減ると思いますので収益は下がると予想されます。

 

セミナー・講演・コンサル依頼が減っても収益を確保できるように少しずつアフィリエイトで収益があがるように記事更新にチカラを入れて生きたいと思っています。

 

まずは「書きまくる」。次に「ブログの体裁を整える」。これが今の目標です。ブログも文章ばかり並んでいると、途中でブログを離脱する人が多いので、合間合間に会話形式を入れたり、こまめにボックスを入れてみたり、こまめに目次を追加したりして、リズミカルに読める記事を量産していきたいところです。