FX初歩の初歩 テクニカル分析を知ろう

FXで取引する際に大事と言われている分析方法がテクニカル分析ファンダメンタル分析と言われています。テクニカル分析とは日々のチャートの形をみて判断する方法です。投資をあまり経験したことのない方でもろうそくみたいなチャートを見る機会があると思います。一方、ファンダメンタル分析とは中央銀行総裁の発言、政治家の発言、経済指標、政策金利、国自体の発展性などから総合的に判断する分析です。デイトレードのような短期売買の場合はテクニクカル分析の比重が重くなってきますし、長期投資になればなるほどファンダメンタル分析の比重が大きくなってきます。ただ、どちらか一方の分析だけに頼るというのは非常にリスクが高く負ける可能性が高まるので必ずどちらも学んだうえでトレードをしていきましょう。

 
テクニカル分析トレンド系
テクニカル分析には2種類あります。トレンド系とオシレーター系です。トレンドは上昇相場、下落相場に素直についていくトレードスタイルになります。上昇相場のときは買いで入って、ある程度上昇しきったら売り払います。逆に下落相場のときには売りで入って、ある程度下落したら買い戻します。トレンド系の指標としてはろうそく足、移動平均線、トレンドラインなどがあります。詳しくは別の記事で説明していきます。
 
オシレーター系の場合は逆張りというイメージです。買われ過ぎていると判断したら売りポジションをもって下落するのを待つ、反対に売られ過ぎていると判断したら買いポジションをもって反発上昇するのを待つ、という投資スタイルになります。投資初心者の場合は逆張りは非常に難しいので短期〜中期売買をしていこうと思っている方はオシレーター系よりはトレンド系を取り入れて相場に素直に従っていくという方法をおすすめします。
 
 

ビジネス、副業、節約術などについて有益な情報を毎日発信しています。Line登録、Facebook登録お願いします。今なら「無料で固定電話、携帯電話に電話をする方法」「ビットコインで稼ぐ方法」を無料プレゼント中です。


Line追加→https://line.me/R/ti/p/%40yai2218d あるいは@yai2218dで検索してください。

Facebookhttps://www.facebook.com/tousinosennsei

Twitterhttps://twitter.com/tousinosennsei

メルマガ→http://www.mag2.com/m/0001678002.html