ポートフォリオを組もう その4

前回までポートフォリオとはなにか、ポートフォリオを組むポイント、ポートフォリオ理論などを解説してきました。
syunsibata.hatenablog.com
syunsibata.hatenablog.com
syunsibata.hatenablog.com

今回は時間を分散させて資産を形成していくドルコスト平均法などをメインに書いていこうと思います。

ドルコスト平均法

前回まではポートフォリオを作っていく際に資産を色々な金融資産に分散して投資していく話をしました。今回からは時間をずらして投資していく方法を紹介していきます。いわば時間を使った分散投資です。高橋君は毎月給料から10万円を日経平均株価に投資することに決めました。2010年から始めたとして元金は10万円×12ヶ月×7年間=840万円です。2016年12月時点で資産は1265万円になります。この7年間で資産が約1.5倍になっているわけです。このように時間を分散して投資する方法をドルコスト平均法といいます。

珍しい資産?

皆さんは資産といったら株、不動産、外貨などを思い浮かべますが、資産には様々なものがあります。カナダ年金機構のポートフォリオには森林が含まれていたり、お金持ちは自宅に骨董品、美術品、絵画、宝石品など現物資産を保有したりします。最近流行りの古い貨幣なども資産になります。マニアが欲しがるようなプラモデル、グッズなども資産と考えて構いません。資産は様々なものがあり、皆さんが意識していようが、いまいが資産が形成されているのです。日本人は島国根性が強いせいかローンを組んでマイホームを購入している方がいるかもしれませんが、それも不動産という資産なのです。残念ながらマイホームなどの資産は新築が一番高く、購入した途端に価値が数割程度目減りしてしまうのがほとんどですが、、、。資産を意識して今後増えていくものにお金を投じることができるかどうか、これが資産を増やしていくポイントになってきます。

最後に

ポートフォリオを組もう その1~4まででポートフォリオの組み立て方を話してきました。積極的にリスクをとっても資産を増やしたい方は株や外貨に多くの資産を振り分ければいいと思いますし安全第一の方であれば債権や現金や預金で持っておけばいいと思います。


ビジネス、副業、節約術などについて有益な情報を毎日発信しています。Line登録、Facebook登録お願いします。今なら「無料で固定電話、携帯電話に電話をする方法」「ビットコインで稼ぐ方法」を無料プレゼント中です。


Line追加→https://line.me/R/ti/p/%40yai2218d あるいは@yai2218dで検索してください。

Facebookhttps://www.facebook.com/tousinosennsei

Twitterhttps://twitter.com/tousinosennsei

メルマガ→http://www.mag2.com/m/0001678002.html