2017年春 推し銘柄23選 その2

前回記事の続きです。四季報2017年2集が3月17日に発売されたので、推し銘柄を紹介していきます。

 

syunsibata.hatenablog.com

 

 

4746 東計電算

四季報2017年2集では、株価2212円、PER9.9倍、配当利回り3.16%でした。営業利益率は19%程度です。すごい儲かる事業をしていますね。四季報前号に比べて業績予想を下方修正している点が気になります。

様々な業種を手がけており、システム設計、導入、保守、運用までのトータルサポートを行っています。例で言うと、外食産業の勤怠管理システム、ECサイト向けの物流システム、水道事業の料金徴収システム、マンション管理システム、給与管理システムなど様々なシステムを開発、運用しています。システム開発をすることができる人材確保がネックになっています。

f:id:madridenergy:20170326164135p:plain

 

f:id:madridenergy:20170326170032j:plain

 

4767 テーオーダブリュー

四季報2017年2集では、株価684円、PER12.8倍、配当利回り3.80%でした。営業利益率は11%程度です。そこそこ儲かるビジネスをしています。会社の決算予想は前期四季報と比べて変わっていません。中間決算は予想より少し上回った状態で着地しています。順調に予想をこなしています。5月に第3四半期の決算発表があるので、業績予想をこなせるかどうかが大事になってきます。

事業内容はイベント企画運営で、バーチャルリアリティーなど最新技術を積極的に取り込んでおり、かなりアグレッシブなイベント企画会社です。電通博報堂などの大手広告会社とのつながりが強いです。

f:id:madridenergy:20170328213740p:plain

f:id:madridenergy:20170328211314p:plain

 

f:id:madridenergy:20170328214402j:plain