読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8167 リテールパートナー 中間発表

資産形成 アドバイザー「投資の達人」です。今回は8167リテールパートナーの中間発表の分析をしたいと思います。

 

8167リテールパートナーの中間発表の内容ですが、ポイントは3点あります。1:目標の売上・利益を達成できたか?、2:来期の予想はどうなったか?、3:今期業績や来期予想は上ブレしているのか?です。

 

 

1:目標の売上・利益を達成できたか?

f:id:madridenergy:20161017191802p:plain

平成29年2月期の中間発表では、売上高705億円(前年比+47.1%)、営業利益23億円(前年比+32.6%)、経常利益24.8億円(前年比+37.1%)、純利益14.25億円(前年比-54.9%)でした。

平成29年2月期の決算予想ですが、もともとは売上高1359億円(前年比+17.2%)、営業利益45億円(前年比+2.1%)、経常利益47億円(前年比+1.5%)、純利益29億円(前年比-32.4%)でした。

今回の中間発表では、上ブレで着地したといえます。

 

2:来期の予想はどうなったか?

売上高1359億円(前年比+17.2%)、営業利益45億円(前年比+2.1%)、経常利益47億円(前年比+1.5%)、純利益29億円(前年比-32.4%)でした。もともとの予想と変更はありませんでした。

 

3:今期業績や来期予想は上ブレしているのか?です。

平成29年2月期の中間発表では、業績は今までの予想を上ブレしています。通期予想は変更をしていませんが、通期でも上ブレで着地する可能性が高いのではないかと思います。非常に業績が良い成長株かとおもいます。