読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4026 神島化学工業 企業分析

資産形成 アドバイザー「投資の達人」です。今回は4026神島化学工業の企業分析をしてみたいと思います。

 

事業内容は?

事業内容ですが、建築物の材料、酸化マグネシウムなどの化学品、レーザー源などに利用されるセラミックスとなっています。

 

f:id:madridenergy:20161017182911p:plain

↑建物の材料です。

 

f:id:madridenergy:20161017183008p:plain

↑化学品です。酸化マグネシウム、炭酸マグネシウム、水酸化マグネシウム活性炭酸カルシウムなどの化学成分を取り扱っています。

 

f:id:madridenergy:20161017183109p:plain

↑セラミックです。セラミックとは有機物(炭素を含む材料)でない、金属でもない材料です。無機物でできたもので、レーザー、差し歯、キッチン用具、精密機器など様々な身近なものに利用されています。

 

業績は? 

f:id:madridenergy:20161017185118j:image

 売上高は直近6年間は少しずつですが右肩上がりとなっています。経常利益、純利益はカタカタしていますが、大まかにみて右肩あがりといったところでしょうか。

 

株価チャートは?

f:id:madridenergy:20161017185144j:image

アベノミクスに突入してからは全体的に右肩あがりとなっています。2016年10月17日現在PER12.3倍となっています。割安感はまだあります。 

 

まとめ

 業績はゆっくりですが、右肩上がりになっています。株価のチャートはアベノミクス以降順調に右肩上がりになっています。PER12倍とまだまだ割安感はあります。今後アベノミクスが継続するか不安要素がありますが、アベノミクスが継続して全体相場が上昇するのであれば、購入してもいい銘柄かと思います。