9377 エージーピー 企業分析

資産形成 アドバイザー「投資の達人」です。9377エージーピーの企業分析をしてみました。

 

事業内容は

空港、航空関連事業になります。空港で航空機に電力を補充したり、冷水、温水を供給する装置を販売しています。また、空港内でのセキュリティ装置の販売、空港内における手荷物などの配送システムの販売も手がけています。2016年9月からはF-POWERと提携し小売電気事業にも参入することとなりました。また、腎臓病の方でも食べれる低カリウム野菜の栽培も行っています。

 

業績は

f:id:madridenergy:20161011063154j:image

売上高、営業利益、経常利益ともに横ばい状態が続いています。右肩上がりの成長株とは言いづらい会社です。 

 

株価チャートは

f:id:madridenergy:20161011063206j:image

直近数年間はゆるやかな右肩上がりとなっています。2016年9月頃に400円→700円程度まで急上昇しています。これはF-POWERと提携し、小売電気事業に参入し、電力販売を開始する発表を受けてのことだと思います。2016年10月10日現在、PER17.09倍と割安とは言いにくい状態です。

 

 

 

1:業績は横ばい、2:チャートは右肩上がりで直近数ヶ月以内で急上昇している、3:PER17.09倍と割安ではない。などの理由で積極的には買いをお勧めできない銘柄となっています。