司法試験予備試験の合格法 伊藤真 レビュー

司法試験予備試験の合格法 伊藤真 レビュー

 

伊藤真が教える司法試験予備試験の合格法

伊藤真が教える司法試験予備試験の合格法

 

法律が関係することがある仕事柄で法律について少し詳しく勉強しようかな・・・と思って手にとりました。

 

司法試験の全体像と勉強方法がまんべんなく書かれておりました。お勧めの参考書とか勉強方法とか。

 

ただ、自分が経営している伊藤塾と自分の著書だけを紹介する内容なので、本当は自分の塾・著書を買わせるための紹介本なのか!?と疑ってしまう。

 

合格体験記に出てくる人達も伊藤塾卒業の人達ばかりだったし。

 

ロースクール(法科大学院)がバタバタ潰れていっている理由も分かりました。司法試験に合格するには2通りしかない。

 

1:ロースクール(法科大学院)卒業→司法試験合格

 

2:司法試験予備試験合格→司法試験合格

 

ロースクール(法科大学院)というものに行って高い学費を払わなくても、司法試験予備試験という試験に合格すれば、ロースクール(法科大学院)に通った程度と同じ程度の学力・実力があると見なして、司法試験の受験資格を獲得できる。

 

しかもロースクール(法科大学院)を卒業するよりも、司法試験予備試験に受かった人達の方が学力ついていて、司法試験に合格しやすい。

 

ロースクール(法科大学院)はモラトリアムになりつつある。モラトリアムを楽しみたい人達はロースクール(法科大学院)に行ったほうがよさそうだけれど、さっさと司法試験を受けて合格したいと本気で思っている人なら、ロースクール(法科大学院)に行かずに司法試験予備試験を受けそう。

 

司法試験に合格する人達の半数が「学生」と「無職」って・・・。いや、そりゃあ勉強できる時間たくさんとれますけどねえ。「無職」が受かりやすいって。

 

法曹界世知辛い世の中ね・・・

f:id:madridenergy:20180701212839p:plain

出典:ダイヤモンドオンライン

弁護士とか検察官とか裁判官って給料が高くて1000万円超えが当たり前と思っていたのだけれど、意外と低い年収の人も紛れ込んでいるのね。司法試験受かってすぐに独立すると年収1000万円前後で上げ止めと・・・。

 

それ以上に行こうとすると国内司法トップである検事総長最高裁判所判事になるか、海外・企業向けの弁護士になるしかないようだ。あるいはアディーレ法律事務所みたいに大々的に弁護士を雇って経営者にならないと。

 

司法試験合格率4%で以前より易しくなったとはいえど、最難関試験なのに受かっても気が抜けない状況だね、こりゃ。

 

イメージは歯科医かなあ。歯医者はコンビニの数より多いと言われていて、歯医者になって食べていけないということはないけれど、他と違いをアピールしていかないと生き残れない感じ。

 

2019年度からは民法が大改定される予定なので、法律に関しては楽しみながら勉強しつつ、今やっている仕事に全力投球していこう。今やっている仕事だってまだまだ半人前だし。

 

今やっている仕事と法律の知識が絡み合えば、他の人達と一味違う仕事ができるかもしれないかなあ・・・。そんなことを妄想しつつ本を読み終えました。

 

社会は不条理・混沌の連続だ

 

社会は不条理で混沌としている

社会人になって不条理なことが次々と降りかかってくる。

会社で起こっている一つ一つの細かいことを決めるのも大変だ。

昔の風習に慣れている人達は変化を極端に嫌がり猛反対してくる。非効率性をやめさせたい社員は効率化を盾に反論する。

絶対の正解などないし、自分で問題点を提起して、ある一定の落としどころを見つけなければいけない。

自分の仕事でない仕事を無茶振りされたり上司の言う通りしたのに突然上司が「俺は知りません」と言ったりもする。不条理の連続なのだ。混沌としいるのだ。

 

学生時代は努力さえしておけば良かった

学生の頃は答えが必ずある問題を解いていた。算数・理科・社会・・・全てに答えがあって、大人達が望む答えを出してあげれば100点をもらえた。

課題・問題があたえられ、大人の言うとおりのことを聞いてコツコツ予習・復習さえしていれば褒められた。

いい成績をとって、いい大学にいって、いい会社に入るという明確なゴールがあった。

偏差値・人気企業ランキングとか明確なモノサシがあって、モノサシの上位に行けば良かった。向かう方向が明確でひたすらハシゴを登っていけばいい。 

 

学校と社会は真逆

政治家を見てみるとメディアでは連日連夜非難の連続。政治家だけでなく、日本大学のアメフト部員の問題でも非難の嵐。

憲法9条、働き方改革カジノ法案・北朝鮮外交・・・。賛否両論に分かれる議論ばかりだ。

学校と社会は真逆なんだ。

①問題は自ら見つける

学校では問題が与えられた。テスト・宿題とか。問題は自分で見つける必要がない。口を開けておけば大人達が勝手に問題をくれた。

社会では真逆だ。問題や課題は自ら見つけなければいけない。ボーっと過ごしていたければボーっとしていてもいいし。もし仕事をして何かしら会社や社会を良くしていこうと思ったら、何がどう問題でどう現状に悪影響を与えているのか見つけなければいけない。

学校では教えてくれないし、社会人になって本格的にぶつかるハードル。常に問題意識を持って注意深く生きていくしかない。

 

②解答方法がない

学校のテストでは解答があるし、解答方法がだいたい決まっている。ポイントをおさえて誤字脱字に注意しながら書けば100点満点だ。

社会では違う。「①問題を自ら見つけた」後は、五里霧中の中で模索しながら、一歩一歩進んでいくしかない。解答方法は誰も教えてくれないし、自分の頭で考えて、どう道筋をたてて一つ一つ行動を起こしていくか決めなければいけない。

複雑な人間関係、法規制、お金の問題など、絡まった紐を一つ一つほどいていくようで気が遠くなる作業だ。

 

③正解がない

学校では答えがある問題しか出されないけれど、社会では答えがない。

子供教育の充実・子育て世代を応援するような政策をとったら、老人達から「今の裕福な日本を作ったのはワシらなのに老人を煙たがるとは何事だ!!」と言う。

逆に老人ばかり手厚くしたら、納税している若い人達からは「税金ばかり高くなって我々はひとつも恩恵をこうむれない!!」と不満が湧き出てくる。

微妙な倫理・なんとなくの公平感の中で答えを出していかなければいけない。

障害者を助けなければいけない!マイノリティーを助けなければいけない!高齢者を大切にしなければいけない!

全て正しい。そんな社会であって欲しい。

ただ、多額の金を使って無制限に障害者を助けるようなことをしたら非難が殺到するだろう。お金も資源も限られている。微妙な倫理・なんとなくの公平感の中で落とし所を見つけていくしかない。倫理と公平感の綱引きだ。

④バカでもいい

小学校では足が速い奴がチヤホヤされていた。中学校・高校では勉強とか部活ができる奴がチヤホヤされた。頭がいい奴は学校というカーストの上位に立てた。

社会は頭がいい奴なんて腐るほどいるし、頭がいいだけではトップに立てない。安部晋三総理なんて成蹊大学卒業だ。東大ではないし京大ではない。

学歴だけでみたら成蹊大学卒業の人間に、東大・京大卒の官僚が指示を受けているのだからどこか滑稽だ。

社会ではそれで正しい。頭がいい必要はない。口が上手くて弁がたてば、なお良しだが、最悪、弁がたたなくてもいい。

「この人ならついて行こう」 「ダメな奴だけど助けてやるか」そういったフンワリとした信頼感があって、協力したくなるような人間がトップに合っている。

答え・やり方は、頭の切れる奴が黙ってでもやってくれる。トップの仕事はクレバーな答えを見つける方法ではなく、なんとなくの信頼感と協力したくなる雰囲気だ。もちろん最後の責任をとる覚悟は必要だが。

 

最後に

未来は分からないから賛成・反対が噴出するのだろう。

未来を作っていく仕事をする人達の宿命なのだろうね。

未来を作る仕事を何とか止めさせたい!!非難することで飯を食っている人達は非難をし続ける。しまいには議論・仕事の内容に関係ない不倫とか過去の行為を引き出してきて人格をけなしている報道が目立つ。

不条理で複雑で混沌としている社会の中で本質は何なのか、雑音にまどわされることなく見つける努力をしていきたい。

うつヌケ~うつ病トンネルに迷い込む その3

 

うつヌケとは

「うつヌケ」レビューです。「うつヌケ」とは「うつ病トンネルを抜けた人達」を略したタイトルです。実際にうつ病を克服した人達のインタビューをもとに田中圭一さんが描いた漫画になっています。田中圭一さん自身もうつ病を体験しており、自身の体験からうつ病を題材にした漫画を描きたいと思い、今回の作品につながったそうです。

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

ケース3:天気に気分が左右される著者

今回紹介する「うつヌケ」ケースは、著者の田中圭一さん自身です。著者自身は何か大きなキッカケがなく、抑うつ状態になり始めました。

 

体が重過ぎて、朝起きても布団から出れない。外出しようとしても鉛を背負っているように体が重く感じられて玄関から一歩も外に出れず引きこもり生活。

 

原因が分からず対策の仕方も分からず、何度もうつ状態の波が襲ってきては去っていきます。うつ状態から抜けると普段どおり清清しく日を浴びて仕事をするけれど、次にいつうつ状態の波が襲ってくるか怯えなければいけない日々を過ごしていました。

 

ネットでいろいろ調べていると「気圧の変化で気分が落ち込む」「雨の日は気分が落ち込む」といった書き込みを発見。

 

自身のうつ状態のエピソードを振り返ると「天気が悪く気圧が低い日にうつ状態になっている!!」と気づきます。

 

それからは天気予報を見て、翌日に天気が悪くなると分かり、うつ状態になる前に仕事を済ませておく・買い物をあらかじめしておく・仕事の予定を入れない・・・など対策することができるようになりました。

 

現在でも「うつヌケ」著者の田中圭一さんはTwitterなどのSNSで「明日天気が悪くなって気圧が下がるから、みんな気をつけて!」と発信しているそうです。結構多くの方が同じ症状に悩まされているようで、たくさんの人が共感の気持ちをTwitterに返信してくれるみたいです。

 

意外な原因がうつの原因になるのですね

うつ病のキッカケというと、①誰かの死②仕事で行き詰まる③人間関係トラブル④金銭トラブル⑤健康問題⑥結婚や就職などの人生の転機・・・などと思ってしまいがちです。

 

著書自身のエピソードでは「天気」「気圧」など自然から人の心が影響を受けてしまうことが分かりました。

 

日照時間が少ない冬になるとうつ状態になる人もいる方がいるということもあるので、冷静に考えてみると、自然が人間の心身に影響を与えるというのは当然なのかもしれませんね。

 

他の「うつヌケ」レビュー

これまでの「うつヌケ」レビューも興味があればどうぞ。うつ病は「誰でも」「いつでも」なりえます。注意しましょうね。

 

ケース1:趣味のコスプレイベントで挫折しうつ病トンネルに迷い込んだコスプレ大好きオタクの方 

syunsibata.hatenablog.com

 

 

ケース2:過重労働が原因でうつ病トンネルに突入した中年女性記者

syunsibata.hatenablog.com

 

ハートネット 私邸監置 精神障害者と家族 自宅という密室

精神障害者がプレハブで20年以上監禁されていた事件が兵庫県でありましたが、それに合わせてなのか本日のNHKドキュメンタリー内容は「私邸監置」でした。

つい数十年前までは病院にも行かず自宅で閉じ込めていたのですね。人権が叫ばれる現代からは考えられません。

あと数十年したら自宅で閉じ込めていた人達も年齢的に亡くなる、この世の中から自宅に閉じ込められていた精神障害者は根絶されるでしょう。

でも、兵庫県で息子を監禁していたジイちゃんみたいに、相談に保健センターに相談したらニュースに取り上げられて世間の注目を集めてしまうようだと、相談したいと思ってる人が萎縮してしまい、さらに監禁を続けてしまうのではないのかと疑問です。

NHKドキュメンタリーでは、沖縄県を舞台にして自宅で精神障害者を監禁する「私邸監置」の過去の実態が紹介されていました。

40歳代で商売に失敗し精神疾患を患い、それ以降小部屋に死ぬまで監禁されていた男性が紹介されていました。

男性の学生時代の友人が「私邸監置」の横をマラソンしながら走って横切りながら「元気してる?」とか挨拶するなんて、、、。どんだけ日常にとけこんでるんや!!

その後、「私邸監置」の側を通らなくなった友人は消息を知らないまま、死んだことを風の便りで聞くだけだったと言っています。

「私邸監置」は日常茶飯事に行われていたんですね。死ぬまで。

その頃は「私邸監置」が行政で許可された旨の書類も紹介されていました。たった数十年で世の中で黙認されていた、「私邸監置」という名の「監禁」がニュースになってしまうほどの大騒ぎなんですから時代は変わります。

精神障害者の「私邸監置」が大きく取り上げられていましたが、今後は介護サービスや相談員、相談窓口が充実していかないと老人の「隠れた監禁」が闇で増えてきて現実味を帯びそうな気がします。

チェルノブイリの春~原発ゼロと被災者救済を

 

1986年発生したチェルノブイリの漫画

チェルノブイリの春」はエマニュエルルパージュというフランス画家が描いた描画。石炭だか木炭だかで描かれた独特のタッチが印象的です。

 

1986年に発生したチェルノブイリブイリ原子力発電所の影響で数十km圏内には誰もいないゴーストタウン化していまい、誰もいない街に、首のもげた人形が転がっている描写は不気味以外のなにものでもありませんでした。

 

福島原発のドキュメンタリーを見たことがありますが、取材している人が防護服を着て、線量計を持って、街中を運転するのですが、家とか商店とか商業施設が立ち並ぶ中、人が全くいない町並みは不気味でした。

 

ただ人が誰もいない不気味さもあるのですが、動物や森林は人間に荒らされることなく、とてもきれいでありつづけ、どこか神秘的な描画もあり、原発事故の怖さとは対照的な描かれ方でした。

 

 

チェルノブイリの春

チェルノブイリの春

 

 

たった30年間で2つもの原発事故 

私は30代ですが、私の生きてきた、たった30年間のうちに「チェルノブイリ原発事故」と「福島原発事故」の大きな原発事故が2件も起きたということに驚かざるを得ません。

 

そして「原発は安全でクリーンなエネルギー」「何重にもロックがかかっており絶対安全で事故が起きない」というのは「ありえない」のだと感じました。

 

チェルノブイリの春」の作家であるエマニュエルルパージュはフランス人ですが、フランスは日本と同様に原発推進派で、チェルノブイリ原発事故当時も今も「原発は安全」と政府や政治家は言い続けているそうです。

 

 

原発はそれほど安全ではない

テロで原発所が狙われるかもしれません。自然災害も人間の想定する以上のことがよく起こります。自然災害を100%予測するなんて不可能でしょう。

 

原発燃料のプルトニウムとかウランも使用後処理するのに何百年と時間がかかるそうです。それだけの期間、100%外に漏れ出すことなく保存し続けることは可能なのか、それも嘘っぽい感じがします。

 

原発事故で忘れ去られる人々

原発事故処理のために必要な費用は20兆円~70兆円といろいろ言われています。正確な数字は今後時間がたてば出てくるのでしょうが、数十兆円はかかることは間違いなさそうです。

 

そんな大金をすぐに用意することができないので、福島原発事故が起きて7年たった今も仮設住宅に住んでいる人はたくさんいるようです。

 

福島周辺で住んでいた人達の健康被害なんて、前代未聞の事故なんだから、計り知れません。少なくとも発ガンなどのリスクが少しでも疑われるようであれば、大規模・長期にわたっての健康診断が必要な気がします。

 

大規模・長期にわたっての健康診断が必要なのにも関わらず、政府は健康診断をする人数や範囲を狭めています。

 

仮設住宅に住んでいる人達・健康被害に怯えている人達・原発による被害に対する補償を受けれていない人達・・・。

 

原発再稼動がドンドン進んでいますね。

原子力発電所 | 一般社団法人 日本原子力技術協会

 

原子力発電って怖いし時間も金もかかる産業なんだな。

 

チェルノブイリの春はそういうことをリアルにおしえてくれる本でした。

 

チェルノブイリの春

チェルノブイリの春

 

 

会社四季報を楽しもう!

 

会社四季報が届きました!

会社四季報2017年3号が届きました!会社四季報は1年間に4回届くように定期購読しています。3月、6月、9月、12月の4回です。いつも届くとどんな企業があるのかワクワクしながら読んでいます。上場銘柄は7000~9000銘柄ちかくあるので全てに目を通すのは大変だけれど、私は1週間くらいかけて読んで、20銘柄程度ピックアップしています。初めて会社四季報を読む方は何やら難しい数字の羅列で分からないと思いますが一度購入することをお勧めします。会社四季報を読むときのポイントは1:とりあえず読む、2:基準を決める、3:繰り返す、です。

会社四季報 2017年 3集夏号 [雑誌]

[rakuten:book:18606807:detail]

 

1:とりあえず読む

とりあえず会社四季報を購入して読んでみましょう。会社四季報株式投資をしている方は必ずよんでいる資料です。会社四季報株式投資のエッセンスが全て入っているといっても過言ではありません。あれこれ様々な投資本を読むくらいなら会社四季報を読み込んだほうが投資のチャンスは格段に増え、的確な投資をすることができます。数字を見ると疲れる、株式投資に慣れてから読もう、、、ではありません。すぐ購入してすぐに読み始めましょう。読み始めれば読むことに慣れてきます。

 

2:基準を決める

会社四季報が手元に届いたらまず読み始めましょう。数字がたくさん羅列してるのでどう読んでいいか分からないと思います。

投資家によって注目する数値というのは異なってきます。色々な方々が色々な投資方法をしているので絶対正しい正解というのはありません。私が注目している数値をいくつか紹介します。

 

売上・営業利益の伸び

売上・営業利益が右肩上がりに上昇しているか。安定的に成長しているか。最近のRIZAPの急成長とか目を見張るものがあります。一昔前では洋服ユニクロ、メガネJINSとかもRIZAPのように急成長を遂げていました。

f:id:madridenergy:20180604200402p:plain

 

 

営業利益率

営業利益率は売上に占める利益の割合です。RIZAPの例をみてみると、2018年度決算であれば売上高1362億円に対して営業利益は135億円で営業利益率は約10%になっています。

 

営業利益率は通常であれば数%程度です。スーパーとか飲食店になると営業利益率1%あるかないかにまで下がります。

 

営業利益率が低い、つまり、あまり儲からない商売をしている会社の場合、不景気になるとすぐに赤字をたれながす不良会社に転落してしまいます。

 

営業利益率が高い、つまり、儲かりやすいビジネスをしている会社であれば、不景気になっても、なんとか営業利益を黒字のまま維持できる可能性が高いのです。

 

営業利益率は理想的には10%ある会社を選ぶことを勧めます。もちろん急成長している会社で、今は利益よりも売上高の最大化をあえて選んでいる場合もあるので、必ず営業利益率は10%以上ある必要はありません。あくまで参考までに・・・ということです。

 

配当率

配当率3%以上ある銘柄を選んでいます。 RIZAPであれば配当金は0.69%ですが、RIZAPで使える株主優待券が100株で4000円分もらえるので「配当金+株主優待」でいえば約4.41%程度の利回りが毎年もらえることになります。

 

配当金が少ないのでRIZAPを利用しない人にはあまり魅力的な銘柄ではありませんが、もしRIZAPを利用している方であれば利回り4.41%は大きな魅力になります。

 

配当率が高ければたとえ下落局面でも「いつか上昇に転じるまで株主優待を楽しもう」「配当金をたくさんもらえるし長期で見れば利益が残るな」と心に余裕ができるので、含み損にビクビクすることなく持ち続けることができます。

3:楽しんで繰り返す

会社四季報は1回だけ読んでも時代の潮流・投資のトレンドは掴みきれません。会社四季報は1年間で4巻出版されます。それを数年間、つまり12巻分くらいの会社四季報を読み続ければ、潮流はつかめてくるはずです。

 

そのためには真面目に全ての銘柄に目を通さなければいけない、という義務感を捨て去りましょう。そして、肩肘張らずにリラックスして、楽しむ感覚で会社四季報をパラパラめくってみましょう。そして会社四季報を読む習慣を身に着けましょう。

 

「今回はどういった会社が躍進しているかな?」「自分が愛用しているサービスが今度上場するんだ!」といったチョットした発見を楽しみながら会社四季報を繰り返し読み込んでいきましょう。

 

 

syunsibata.hatenablog.com

 

NHKスペシャル ミッシングワーカー 働くことをあきらめて

 

NHKスペシャルって暗いよね

NHKスペシャルシリーズをよく見るのですが、NHKって暗いテーマがお好きなようです。この間はネットカフェ難民高齢化していることなどをとりあえげていましたし、世の中の闇に番組のスポットをあてているようです。

 

日本人は人の不幸が好きな民族なので視聴率とかかなりとれるんでしょうね。

 

という私もそんな人間でNHKスペシャルとか結構観てしまいます。

 

他人の不幸を見て「あ~まだ自分はマシな方だ」「明日は我が身だな」と思ってます。どちらかというと「明日は我が身だな」の方が強いかもしれません。

 

ミッシングワーカーとは

40代・50代中年世代で、かつ独身の「6人に1人は無職」というデータを番組内で紹介していました。その数は約103万人。失業者72万人を超えています。

 

親の介護で離職をせざるをえなくなり、数年~10年とキャリアの空白期間ができてしまい、介護が終わって再就職をしようと思っても、年齢や空白期間があり働くことができなくなってしまっているそうです。

 

無職で親の介護を抱え込むため、親の年金や貯金で生活をやりくりするのですが、親が死んで「やっと介護から解放された!」と思って喜ぶのも束の間で、年金がなくなってしまい生活費に困窮する事態に陥ってしまう・・・そんな泥沼状態にもがく羽目に。

 

57歳男性:介護がキッカケで10年無職

数人の取材で番組は構成されていました。

 

親の介護のため40代半ばで仕事を辞めて数年間介護に専念。父が亡くなって7年間、再就職ができないまま、結局無職になって10年の月日が過ぎてしまってしまいました。

 

「光が見えません。」「今を生きるのに精一杯で将来を考えることができません。」「どう生きるか目的がないまま生きています。」

 

父が亡くなり年金をあてにすることもできず、親が貯めてくれていた貯金を切り崩しながらギリギリの生活を過ごしています。

 

親の介護の9割は逃げていい 

全部介護を引き受けて仕事を辞めてしまう状況に陥ってしまう姿をみて本当に辛い。

 

親の介護を施設に全部丸投げしたり、訪問ヘルパーに丸投げすると世間から「なんて冷たい子供なの!?」とか思われてしまいますが、とにかく逃げましょう!

 

世間はそれほど甘くありません。介護は逃げて逃げて逃げまくればいいんです。使えるサービス・補助を最大限に使って自分の負担を極限まで減らしてください。

 

政府も弱い人達の味方であって欲しい

NHKスペシャルがとりあげられるような弱者の味方に政府がなってほしい。

 

介護保険医療保険を減らそう減らそうとしていますが、そのしわ寄せをうけて、ミッシングワーカーのような人達が生まれている現状があります。

 

もっと介護・医療を充実させてミッシングワーカーのような人達が困らないようなサービスを整備してほしい!!

 

若者世代への投資・次世代への投資ももちろん大切だけれど、今生きている人達が光を見れて、将来への希望を抱けるような、そんな世の中になって欲しい。